会社情報

サービスビジョン

Create New Value by CDI

NTTPCは「お客さま」と「クラウド」を、また「モノ」と「クラウド」をつなぎ、
更には「データ」と「データ」をつなぐ、Cloud Data Integration によって
お客さまとお客さまのビジネスに変化を起こすことで、
これまでに存在しなかった新たな価値を創造し
お客さまと社会のイノベーションを推進します

<お客さまと共に>

私たちは、お客さまの戦略的パートナーとして新たな価値を共創します

<スマートに>

私たちは、卓越した「しくみ」により新たな価値を実現します

<ICTの力で>

私たちは、 Cloud Data Integration で新たな価値を提供します

CDI (Cloud Data Integration) による新たな価値創造を目指して

近年、ネットワーク上にあるサーバーの中にデータやソフトを置いて利用するクラウドの発展によって、ICT活用の目的が「コスト効率化の道具」から「ビジネス戦略の武器」として考えられるようになってきました。

これはクラウドデータで集め、データを分析・活用することによって、従来まで無かった「新たな価値」を創造できるようになってきたからです。

これからのサービスはクラウド上でのデータ分析・活用が重要であることから、NTTPCはこの取り組みをCDI (Cloud Data Integration) と呼ぶことにしました。

クラウド間のデータをつなぎ、分析し、活用することで、企業の課題解決から社会の課題まで解決することも期待できます。

NTTPCは、CDIによって「新たな価値」想像を提案し、戦略的パートナーと一緒にビジネスモデルを創り上げていきたいと考えています。

新たな価値創造とは?

例えば、NTTPCは水道メーターとクラウドとをつなぎ水道の遠隔検針に取り組んでいます。

水道メーターをネット接続することで、従来まで人間が毎月一度検針していたものを遠隔で測定できるようにすることで効率化を図る。 これはセンサーやネットワーク、システムを組み合わせたインテグレーションですが、更にはリアルタイムに水道の利用状況を把握し、生活リズムを解析することで、独居老人の見守りサービスが実現できるようになります。

独居老人の見守り問題という社会課題を解決する。

これがそれまでに存在しなかった「新たな価値」を実現できた段階であると位置づけています。

他社サービスも含めたワンストップ能力の推進

NTTPCはMaster'sONE (ネットワーク事業)、InfoSphere (インターネット接続事業)、WebARENA (レンタルサーバー事業) といったネットワークを中心としたサービスの開発、オペレーション、営業からスタートし成長を続けてきました。

今後クラウドやモバイルの活用が更に進んでいくなか、NTTPCがお客さまの要望に応えていくには自社サービスだけでなく、他社のサービスや技術も取り入れていくことが重要であると考えています。

このためNTTPCは他社サービスも含めたインテグレーション能力とワンストップオペレーションを強化しています。

これまでのビジネス基盤を土台に新たな価値を創造!

NTTPCはCDIによって新たな価値を創造するには、これまでのネットワークサービス、複合サービス、他社サービスも含めてインテグレーションし融合、 連携させることが必要であり、この取り組みによりNTTPCは今後もお客さまと共に成長していきたいと考えています。

page top